【本当に心が辛い時に読む記事】死にたいとまで思ったのに、ほぼ忘れてしまうのが人間だから。

 ❤Writer "Taemi" 自己紹介❤
 本業+副業で手取り月収50万円以上稼ぐ秘書OL。外資系企業にて外国人役員の秘書をしています。
 特技→快適な旅の手配。好きな人→松本潤・中瀬ゆかり・深澤真紀。好きなモノ→
本・NETFLIX。
 お仕事のご依頼はこちらへ

 

毎年、春になると…

毎年、春になるとTVでニュースになる、「宝塚音楽学校」の合格発表の様子を見ていて思うのです。

 

自分に全く関係ないけど、見るのがなんだかちょっとツライなぁ…と。

 

 

合格した人たちにはスポットが当たりますが、その周りにはたくさんの合格できなかった人たちがいるんですよね。むしろ、不合格の人の方が大半なわけで、「合格の人達おめでとう!」と思うとともに、明暗クッキリ具合があまりにも残酷だなぁ…と思ってしまうのです。

 

 

誰が受かってもおかしくない人達が集結してる場所でしょうし、きっと、紙一重なこともあるんだろうなと。まるで、人生や世の中の縮図を見ているような気がして、複雑な気持ちになります。

 

 

合格者の横で呆然と立ち尽くしている不合格だったらしき女の子たちの方についつい目を奪われる私。

 

  • 私あんなにがんばったのに
  • 私あんなに努力したのに
  • なんで私じゃなくあの人が
  • どうしてダメなの
  • 死にたい・・・

 

最後の1つは極端すぎるかもしれませんが、それくらい思ってしまうであろう熱量を持っている人達だろうなと思うと、なんとも言えない気持ちになり、昔ながらのあの発表方法は、かなり残酷だなぁと思うのです。

 

 

そして、同時に、この時、合格して飛び跳ねている人達のほうに真っ先に目が行かなかったのが、私の今までの人生を物語っているような気がしたのも事実。

 

 

 

 人生、うまく行かないこともある

 

宝塚に限らず、受験・就職・オーディションなど、特に狭き門の場所では、実力だけではないたくさんの要素や運・縁が伴って、思わぬ結果になることも多々あるのが人生だと思います。

 

 

状況・内容は全く違えど、誰でも、人生で1度や2度、大きな挫折を味わったこと、ありますよね。

 

 

私自身も例外ではなく、とあることに失敗して、

 

  • 私あんなにがんばったのに
  • 私あんなに努力したのに
  • なんで私じゃなくあの人が
  • どうしてダメなの
  • 死にたい・・・

 

 

という状態になったこともあります。

 

 

だけど、

 

それがダメだったからといって、結局、死ぬ勇気もなかったのです。

だから、しばらく自分を責めて、あろうことか他人まで責めて。

 

  • 何もしたくない。
  • 誰とも会いたくない。
  • 1ミリもベッドから動きたくない。

 

 

負のスパイラルに陥りました。

 

 

 

 

 

どんなにツライ時でも現実は…

 

ところが、どんなに落ち込もうが、負のスパイラルにはまろうが、1ミリもベッドから動きたくなかろうが、人間、生きている以上、

 

  • トイレ行かないと漏れちゃうし
  • お風呂も入らないと気持ち悪いし
  • 食べないとお腹すくし
  • ゴミも出さないとだし
  • 洗濯もしないと着るものなくなるし
  • 深夜になれば眠たくなるし
  • 落ち込むことにも疲れ果てるし

 

 

つまり、永遠に落ち込み続けていることはできないのが現実です。

 

 

ボロボロ廃人になったけど、落ちるところまで落ちたら、あとは這い上がるだけで、そうするしかないのです。

とにかく生きていれば別の道が必ずあります。

 

 

 

 

 

…と、今ならそう思えるのですが、その当時は、

「良い経験だ」などとキレイゴトを言って自分を慰められる余裕は微塵もなし。「またがんばればいいではないか」的なことを言ってくる人に対しては、

 

  • うるせー!
  • シネ!
  • オマエに何がわかる!

 

って思ってました。

そんな私を救ってくれたのは、人間誰もが持つ、次の能力でした。

 

 

 

 

 

忘れるチカラ

 

人間の優秀な能力のひとつ、「忘れる力」

この能力のおかげで、私はとても救われました。

 

 

人生は、忘れないと生きていけないことがあまりにも多いから、「人」を作る時に神様が追加した能力だそうです。

 

 

あれから約5年。当時、私の身体の全てを支配していた辛さを100とすると、今は正直、3も覚えてません。

 

 

「そういえばあの時は本気で死にたいと思うほどツラかったなぁ。それよりおなかすいたなぁ。」

くらいなレベルなのです。

ちなみに今夜はニラレバを食べました。(→世界イチどーでもいい情報)

 

 

 

時間が解決してくれることは存在する

 

時間が解決してくれることは、確実に存在するのですが、残念ながら、そのことに気付けるのは実際に何年も時間が過ぎてからだったりするんですよね。

 

 

私は、不合格だった彼女たちに何か言える立場では全くないですが、何か言えるとしたら、こんな風に伝えたいです。

 

 

  • 良いことも悪いこともまるっと含めてそれが人生。
  • 良いことしか起きない人もいないし、悪いことしか起きない人もいない。
  • 今いる場所が世界の全てではない。
  • 為替の変動と同じで上がったら必ず下がるし、下がったら必ず上がる。
  • ダメだった結果にも必ず意味がある。

 

 

 

  • 失敗を知らない人
  • 常に恵まれている人

 

よりも、

 

  • どこか影がありそうな人
  • たくさん苦労してそうな人
  • たくさんツライ思いをした人

 

のほうが、人間として深みがあって、私は、より話してみたいという気分になります。

 

 

 

この記事が、今、何かツライことにぶち当たっているあなたの救いになれば嬉しいです。

 

 



ブログをメールで購読

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

ABOUTこの記事をかいた人

本業+副業で手取り月収50万円以上稼ぐOL。外資系企業にて外国人役員の秘書をしています。特技→快適な旅の手配。好きな人・モノ→松本潤・中瀬ゆかり・深澤真紀・本・NETFLIX。