ロジカルでシンプル。心が楽になる「生き方」のバイブル❤

 ❤Writer "Taemi" 自己紹介❤
 本業+副業で手取り月収50万円以上稼ぐ秘書OL。外資系企業にて外国人役員の秘書をしています。
 特技→快適な旅の手配。好きな人→松本潤・中瀬ゆかり・深澤真紀。好きなモノ→
本・NETFLIX。
 お仕事のご依頼はこちらへ

 

会社員・OL・自営業・フリーランスetc。
どんな形であれ、働いていれば、誰にでも嫌な思いをした経験やトラブルはありますよね。

 

でも、

問題となった理由や、
犯人捜しをしても、
何の解決にもならない

ということに、もう、うすうす気づいている人も多いのではないでしょうか。

 

 

今回ご紹介する本は、忙しい日々の中で、

 

  • 職場の人間関係で悩んでいる人
  • 苦手なことで苦労している人
  • 他人のことが気になり、逆に他人の視線も気になり、心が疲れている人

 

にぜひ手に取っていただきたい一冊。きっと救いになる言葉が見つかるはずです。

 

 

 考えすぎない生き方  [ 深澤真紀 ]

考えすぎない生き方  [ 深澤真紀 ]

 

  • 人間は誰でもみな、社会の「歯車」だ。考えすぎないで、「歯車」として回っていこう。
  • 「無理に楽しむ」より、「諦めて面白がる」。人生の出来事に、それほど深い意味はない。
  • 嫌な経験は「気づき」にするより「ネタ」にしよう。笑ってもらえれば、他人も自分も楽になる。
  • 「最高」と「最悪」だけでなく、「中庸」も考え、3つの案で備えよう。
  • トラブル時は「ふて寝・ふて風呂」で乗り切ろう。
  • 努力や苦労をすれば、誰でも必ず成功するわけではない。苦手なことを無理にやるより、得意なことから始める。
  • 仕事に人脈なんていらない。正攻法でいけば仕事の道は拓ける。
  • 大ブレイクや大成功はしなくていい。時代に踊らされず、本業を大事にする。
  • 「聞こえのいい言葉」ではなく実感を伴った具体的な言葉を使おう。
 

 

「草食男子」や「メンテナンス術」という言葉を生み出したコラムニスト、深澤真紀さんが,

  • 考えすぎない生き方
  • 信じすぎない生き方
  • 期待しすぎない生き方
  • こだわりすぎない生き方
  • 不幸になりすぎない生き方

 

を、5章に渡って教えてくれます。

 

気持ちがフラットになり肩の力も抜ける、そんなメッセージの連続。

一筋縄ではいかない、数字等で表せない「人の心」について書かれている本ですが、どこかロジカルで、腑に落ちる部分が多いのが特徴です。

 

努力をする・がんばることを煽るのではなく、

 

  • こう考えたら救われる
  • こうアプローチすれば心が楽になる
  • 人の心はこうできている

 

と、自分を追い詰めないためのアドバイスや「心のしくみ」についてのヒントが満載です。

 

 

この本を読んで変わったこと

 

「考えすぎない生き方」を読んで、私は、必要以上に他人に期待することや、他人からの期待に応えることばかり考えるのを辞めました。

 

すると、自然と、「効率的かつ、自分が楽しいこと」を優先できるようになり、それ以外のことは「あまり気にならないなぁ」という生活を送れています。

 

いつもすぐ手の届く場所に置いて、ふと、パラパラっ…と、何気なくランダムにページを開くと、どの章も、いつ読んでも、スッと心に入ってくる。そんな、”気持ちを救ってくれる”オススメの1冊です。

 

考えすぎない生き方  [ 深澤真紀 ]



ブログをメールで購読

メールアドレスを登録すると、更新をメールで受信できます。

ABOUTこの記事をかいた人

本業+副業で手取り月収50万円以上稼ぐOL。外資系企業にて外国人役員の秘書をしています。特技→快適な旅の手配。好きな人・モノ→松本潤・中瀬ゆかり・深澤真紀・本・NETFLIX。